B型の上から目線日記

家族と海水魚とバスケについて適当に書く

リセット完了

ヘビガイの大量発生でリセットを決意しましたが、ヘビガイの猛威は凄まじかったです。

どうやらエーハイムの外部フィルター内がアジトだったようで、

中を開けてみると凄まじいことになっておりました。

ヘビガイの筒部分って長くても1センチ程度だと思っていましたが、

フィルター内には10センチ程度の長さで張り巡らされていました。

そりゃ水槽内をいくら綺麗にしても湧いてでてきますわ。

 

底砂もすべて出して水であらって天日干ししました。

この洗っている砂からでるミミズのような生き物。

とんでもない数です。

 

水槽、フィルター、サーキュレーター、ヒーターなどを全て2週間かけて天日干しです。

 

その間魚ややどかりなどは30センチ水槽にて飼育でございます。

ただ、凶暴化したミルミルがバンブーを攻撃します。

水槽変わってマシになるかと思っていましたが全くダメです。

魚だけに、水に流してくれるかと思ったですがそうもいかないようですね。

 

さて、天日干しが完了したので水槽を再セットして海水を入れ、1日たって落ち着いたのでミルミル以外の魚を入れちゃいました。

立ち上がっていないのはわかりますが、換水すればいいだけなので入れちゃいます。

 

さてここで問題がミルミルです。

ミルミルの姿を見せるだけで、バンブーが口をあんぐりさせたりするので共存は無理だと判断しました。

また、ナンヨウハギのさおりちゃんとも喧嘩し始めましたのでミルミルだけ再度30センチ水槽に戻します。

100均にて材料を仕入れて仕切りを作成してミルミルだけそちらに隔離して暮らさせることにしました。

が、水質の若干違う水槽を行ったり来たりさせるのがダメだったのか、喧嘩した時に致命傷をおっていたのかはわかりませんが、翌日にミルミルが星になっていました。

 

ちょっとかわいそうなことをしちゃいました。

最初はバンブーにいじめられていたけど、一気に形成逆転したミルミル。

最後にはみんなに嫌われてしまっていたミルミル。

 

いままで星になった他の魚たちがいる庭に埋めてあげました。

 

そっちでは仲良くやってもらいたいもんです。

 

水槽自体はいい感じで、ヘビガイはもういません。

本当に水槽が立ち上がるまで換水が大変ですが、これで平和な水槽になることを祈ります。