読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

B型の上から目線日記

家族と海水魚とバスケについて適当に書く

ビーコルセアーズ、国際プールのラストゲーム!

さて、昨日はボロ負けでしたが少しだけ変化の兆しが見えました。

今日はどうなるやら。

f:id:hariwasabi:20170402162018j:plain

嫁さんが郵便局に竹田選手目当てで行って買ったチケット。 海賊達、維持を見せてください。

さて、試合は立ち上がりから点があまり入らずロースコアです。

尺野監督的には横浜は点がとれないからディフェンスのチームにするんですかね?なかなかハードにディフェンスしてました。

結果的にはニックファジーカスに仕事をさせずにうまくリズムを崩せていたきがします。リバウンドも前半は横浜が勝っていました。

しかし、点が取れないにもほどがあります。 前半終わって25点しか点がとれないのは先行き不安です。

f:id:hariwasabi:20170402162311j:plain

そして悪夢の3クォータです。 川崎の辻のシュートが止まらない時間帯ができて、あっとゆうまに20点差。 しらけムードが悲しすぎます。

頑張っているのはわかります。わかりますが、横浜は爆発力がないので、4クォータ始まる前に勝負ありです。 20点差をひっくり返す武器がないですからね。諦めました。

f:id:hariwasabi:20170402162649j:plain

4クォータは川崎が控え選手の投入でゲームオーバーです。

さて、チームの変化としては、ディフェンスがハードになってきているのと、オフェンスがチームプレイに変わってきていると言うことです。 今年はある意味しょうがないですが、来季に向けてチームを作る期間に当てるしかないですね。

ガードに偏ったチーム編成もパワーフォワードかセンター出来る外国人選手を獲得しないとバランスが駄目ですね。

パプちゃんには悪いが、彼はリバウンドもシュートもいまいち。 ディフェンスはまだ良さそうですが、飛び抜けていない。

彼はBリーグの1部チームのスタメンの能力は無いと思います。 控えで帰化選手の強みを活かした起用方法にせざるをえない。

そう思ったレベル差の激しい試合でした。

f:id:hariwasabi:20170402165937j:plain