読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

B型の上から目線日記

家族と海水魚とバスケについて適当に書く

千葉対横浜でございます

Bリーグ

日本一のチームを招いての試合でございます。

また、オールスターのMVPをとった富樫が来るって事で少し混んでました。


f:id:hariwasabi:20170204224900j:image

駐車場も第2駐車場に行かされまして、今までの雰囲気とは違いました。

 
f:id:hariwasabi:20170204190836j:image

ちなみに、フラワーアートもありまして、期待してたがこれはどちらかというとサンドアートじゃないのか?

メイン部分が砂ですからね〜〜

 
f:id:hariwasabi:20170204190419j:image

 

まあ、綺麗ですが。

 
f:id:hariwasabi:20170204190452j:image

 

試合は最初から千葉のアウトサイドが全く入らないのと、珍しくスチールしまくったのでリードして1クォーターをおわりました。

 

しかし、2クォーターは開始から5分以上点が取れずに逆転されます。

そのあとなんとか立て直して接戦となりました。

しかし、得点ペースが低いです。80点超えれないペース。やばいっす。

 
f:id:hariwasabi:20170204190510j:image

 3クォーターからは千葉リードで試合は展開され、5点差くらいで横浜がついていく流れです。

クォーター終盤に川村卓也のスリーもきまり試合は一点差の好勝負です。

 

まあしかし、Bリーグの審判レベルは低いです。

低いというか真面目すぎますわ。

 

ピポットフットが動くトラベリングがあるんですが、このトラベリングはインターハイやインカレなんかじゃ吹けばいいと思うんですよ。

だけどプロでっせ?

エンターテイメントでっせ?

いい加減にしてほしいですわ。

 

4クォーター、横浜がリードします。が、じわじわと千葉が追いついてきます。

そして、ラスト10秒で70対67。

ここから千葉がシュートを外しますが、全部リバウンドとられまして、なんどもシュートされます。

そしてラスト2秒で富樫がまさかの3ポイントを炸裂させまして、同点!!

 

誰もがさすがと思ったし、延長だと思いました。

しかし、しかし、ラスト2秒で川村卓也がボールを持つとフェイドアウェイ!

そして見事にシュートはネットをくぐりぬけ、マンガみたいなブザービーターとなったわけです。


f:id:hariwasabi:20170204210319j:image

 

いやー、なかなか見れない貴重な試合を生でみれました!

また文句はありますが、今日は余韻に浸りましょ。

嫁がごきげんなんで寿司食べて帰りましょ。